読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEEP OUT

理不尽と音楽と酒と食事で出来ていますが、基本的には甘ったれの戯言です。

読書感想文「ON 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子」

どうも僕です。

 

久しぶりに実家のある札幌に戻り、街をぶらぶらしてたんですけど

これまた久しぶりに紀伊国屋寄ったんですよ。

 

元々本読むのが好きで、最近は全く読んでなかったんですけど、

久しぶりに読もうと思って買ったのがエントリタイトル。

 

【読書感想】

基本的にミステリかと言われたら違う気がするので、どちらかというと

ホラーとかサスペンスとかそんな感じでした。

ネタバレはしたくないので口をつぐみますが、「えっ、それトリック?」と

なるような展開で、読み物としては楽しかったですけどミステリとして

楽しいかと言われたらちょっと違う気がしました。

読後感は良いし、人物もちゃんと立ってるので面白いんですけどね。

内容が内容なだけ、トリックが突拍子も無いのがちょっと残念でした。

 

話は、基本的に真っ直ぐに被害者を見つめ、ちょっと人より記憶力が

良いという新米刑事・藤堂比奈子を中心に進みますが、もうとにかく真っ直ぐ

で見てて応援したくなるタイプの主人公です。

 

最後の畳み掛ける展開、静的な部分と動的な部分の温度差がはっきりしていて

爽快感と嫌悪感(良い意味で)が楽しめる作品でした。

 

結構続いてるシリーズなので、順に追って買っていこうと思います。

 

それではこの辺でっ。

ではでは。