KEEP OUT

理不尽と音楽と酒と食事で出来ていますが、基本的には甘ったれの戯言です。

音源メーカーの音源デモは信用なりません。

だってその道のプロが作ってるから、クオリティが高すぎます!

デモ聞くだけで楽しいからいいんですけどね。

 

どうも僕です。

今日はソフトシンセのお話です。

 

KONTAKTとかKick Ass Brassとか、どうやったら同じソフトで

そんな弾き方できんの?ってなることが多々あります。

最近になって「打ち込みっぽいなあ」と思えるようになりましたが、

初めて聞いた時は「生じゃねえのこれ」と思ったものです。

 

あ、因みに皆さんご存知ですか?reFX。

一部では超有名、シンセはArturiaのVコレとreFXのNexusがあれば

とりあえず他はいらないんじゃないかと思うほどの超クオリティシンセ。

(Pad系はOmnisphere強いですけどね)

僕みたいな面倒くさがりやには、豊富なプリセットがあるだけで有り難いですし、

なんとかなるんですよね。

ダンス系の曲なら、BPM決めて適当なリズム鳴らしながらそれっぽい

ベースライン打ち込んでスパソでバーン!してたらそれっぽく聞こえます。

(本当は違いますが)

 

www.youtube.com

デモに出てくる文字列は、この音源パックに入ってるプリセットの名前です。

でもこれ、この音源使えば出来るんですよね。

キックとかは自分で打ち込んでるみたいですけど、それ以外の音は

僕みたいな打ち込み素人でもそれっぽく聞こえます。

Vコレは凄いんだけど自由度高すぎて打ち込み下手な俺だと

使い切れてないですね。シンセの原理わかってるとなんでも出来ると思いますけど。

 

ということで本日はこの辺で。

それではっ