KEEP OUT

理不尽と音楽と酒と食事で出来ていますが、基本的には甘ったれの戯言です。

【Wake me up!】à la mode/TWEEDEES レビュー 【まだまだマロは帰らない】

しごとやめます!

 

どうも僕です。

 

すげー今更なレビュー。

やっと書けました!

 

1)未来のゆくえ

過去1st、2ndともにあった1曲目枠です。

沖井さんがメインコンポーザーのプロジェクトのアルバムの1曲目って

名曲多い気がします。

そして、全体的に凄い浮遊感がある。期待感とも言い換えられますが

とにかく「始まるぞ!」って感じが凄い。まさに幕開け。映画見てる感じ。

 

例えば、METAMORPHOSIS/FROG

www.youtube.com

この傾向はどうやらCymbalsl後期からあるようで、

www.youtube.com

解散前最後のオリジナルアルバム、「Love you」の1曲目「E.G.G.」も

雰囲気は同じですね。

 

あと、個人的にこの曲で特筆すべきが、沖井さんがあまりやらない

スラップ奏法をバシバシやってる所ですね。

FROGの「Gangsters」とかではやってますけど。

ビートは早めなのに結構ゆったりめにノれるのも本当凄いと思います。

 

2)à la mode

先行してPVが公開されていましたね。

www.youtube.com

voの清浦さんがやけに色っぽいってのと

沖井さんが妙齢の女性に囲まれてなのかわからないですが

何かcymbalsとかの時とは違ってはしゃぎ過ぎってのはまあさておいて、

一番「TWEEDEESっぽい」曲じゃないかなあなんて思ってます。

多分、Aメロの後ろでベースとギターが同じくジャジャッ、ジャジャッと

やってるのがKLING KLANG!のAメロと同じ感じだからだとは思うんですけど

どうなんでしょうか。

ていうか、TWEEDEESはギターとベースが一緒にジャンっ!とやるフレーズが

多くて、そこの所凄いTWEEDEESらしさになってますよね。

あとPV見てて気付いたんですけど、沖井さんのトレードマーク赤いリッケンに

対して清浦さんが赤いマイクで対比してるんですね。

 

3)Birthday Song

これは本当に、歌詞が凄い。

twitterで見ましたが、「どんな人間もも良い子になる為に生まれてくる」という

テーマで作られたそうですが、そのテーマがまず凄いっていうのと、

曲も明るくて歌詞も明るいのに、どこか影を感じるところが本当に

なんなんだ沖井さんって!?すげえ!!と思う所ではあります。

 

4)悪い大人のワルツ

そしてこの曲です。Birthday Songで全肯定してからの

ドーン!と落とすこの感じ。生まれた子どもは悪い大人になってしまったのか。

そして沖井さん、こういう曲実は大好きなんじゃないか疑惑が持ち上がってます。

編成はシンプルで、清浦さんの歌の力が存分に発揮されております。

Birthday Songがお祭りなら、この曲はまさに「祭りのあと」なわけです。

夢の中にいるような感覚。お酒飲みながら聞くと大変なことになります。

 

5)君は素敵

この曲、聞いてるとすっごいフラフラするんですよ。

ドラムが何か、もの凄い前のめってる感じがするんですよ。

特にAメロの前半。そしてBメロでぐっとオンタイムになるという笑

この曲もそうですけど、今回のアルバムは全体的にドラムの手数が多くて、

ドラムとベースでアレンジの屋台骨支えてる感じがして、ベース弾きとしては

聞き応えがありまくりで本当嬉しいかぎりです。

 

6)プリン讃歌〜20th à la mode edition

まさかのプリン讃歌。

ほんとまさかです。

「えっ!?!?!?そこ!?!?!?!!?」となりました。

 

世代としてはおじゃる丸は見てたんですけど、まさかこれをTWEEDEESが

カバーするとは思ってませんでした。

因みに原曲がこちら。

www.youtube.com

イントロ聞くとわかりますが、結構ロックな感じでまさに今驚いてます笑

こっちは本当ストレートな感じですね。

一方でTWEEDEES ver.はというと

www.youtube.com

沖井さんがベースで攻めに攻めております。

これでもスラップしてますね。

因みにこのアルバムを買ってから、心無しか視界にプリンが

よく入り込む気がしております。

あと、「渋谷系」とか「ネオアコ」とかはコードだったり

メロが重要だと思ってたんですが、今回このプリン讃歌を聞いて

アレンジなんだなと心にズガーンと来ました。

趣味:作曲な身としては、本当精進しますとしか言えません・・・

 

6)TWDS_STRUT

インスト曲です。

どこかライブの入場曲っぽい感じがして結構好きです。

どこか遊園地っぽさも感じますね。

 

7)PHILLIP -TWEEDEES Only ver.

2ndで収録されていた、ikkubaruとコラボした「PHILLIP」のTWEEDEESのみ

ver.になります。

コーラスで多分沖井さん入ってるんですけど、個人的には「This Year's Gear」

みたいに沖井さんに歌ってほしかったなあなんて思っています。

 

8)プリン讃歌〜20th à la mode edition(TVサイズ)

フルverをうまーくショートにおさめるのは本当に大変だと思うんですが、

フルver.ではある特徴的なイントロが、まさに「TWEEDEES」たらしめてる

んだなとハッとさせられるverです。

ってかこれ、1:00なんですね。アニメOPとかEDは、ほぼ1:30だと思うんですが

NHKは民放とは違うんでしょうか・・・。

 

【総合的に】

ミニアルバムとは思えない熱量。1枚聞くだけで

フルアルバム聞くぐらいのお腹いっぱい感があります。

Cymbalsが解散してから、FROG、SCOTT GOES FORと

バンド形式のプロジェクトやってますが、いずれもアルバムが

3枚も出ないまま実質活動休止みたいになってるので、

今回3枚目が出て「おっ!!!???」となったのは僕だけでは

ないはず。

 

そして、結構ミニアルバムっていいなと思いました。

12曲つくるより、その労力を6曲に込めたほうがグッと濃くなりますもんね。

今回は割と全体的にゆったりめな感じがしましたが、

次回ミニアルバムは、STRIKERSみたいなハイスピードなアルバムに

してほしい所存です。お願いします!DLとCDで1枚ずつ買います!!

 

という事で本日はこの辺で。

最後に、今回出てきたアルバム等を貼付けておきます。(iTunesリンク)

それではっ!

The Second Time Around

The Second Time Around

  • TWEEDEES
  • J-Pop
  • ¥2100
The Sound Sounds.

The Sound Sounds.

  • TWEEDEES
  • J-Pop
  • ¥2100
à la mode

à la mode

  • TWEEDEES
  • J-Pop
  • ¥1650
Caricature

Caricature

  • FROG
  • J-Pop
  • ¥2000
EXAMPLE

EXAMPLE

  • FROG
  • J-Pop
  • ¥2000
Love You

Love You